2012年

9月

25日

坂口ふみ『人でつむぐ思想史Ⅰヘラクレイトスの仲間たち』

人にになわれた〈私〉という経験の物語。思想史三部作第1弾

  

坂口ふみ

人でつむぐ思想史I 

ヘラクレイトスの仲間たち 

20129月25日刊行 四六判・250頁 

本体価格2500 SBN978-4-906791-05-7

 

 ひとの驚きと喜び、傷みと悲しみから、思想史を読み直す──人でつむぐ思想史。

 〈個〉として存在することの発見という、魂が深く震撼される経験。

 ギリシアの哲人、ヘラクレイトスからデカルトまで、精神の池に投げられた、この経験という小石が描く波紋を写し取る。

    

 

続刊 人でつむぐ思想史Ⅱ ゴルギアスからキケロへ  2013年春刊行予定

   人でつむぐ思想史Ⅲ ボエティウス      2013年秋刊行予定

 

目次

 序章 ヘラクレイトスの仲間たち                   

第1章       ヘラクレイトスの〈個〉のモチーフ

  ──〈私〉の果てしない深みと遍きロゴスと

第2章  〈個〉概念の変奏

    1 プラトン『パイドロス』の変奏

     2 アリストテレス『霊魂論』の変奏

     3 プロティノスの変奏

     4 キリスト教の変奏

       ──アウグスティヌス『告白』を手がかりに

第3章 「思考としての私」という変奏

1 アンセルムスの「神の存在論的証明」

           2 『省察』を読む

 補論 中世思想ノート

      ──存在するのは実体だけか?

著者紹介

坂口ふみ

1933年生まれ. 東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化修士課程修了. ミュンヘン大学にてPh.D取得. 現在東北大学名誉教授. 著作:『西洋思想のあゆみ』Sシリーズ(共著, 1993, 『〈個〉の誕生──キリスト教教理をつくった人びと』(1996, 『「私」の考古学』宗教への問い3(編著, 2000, 『信の構造──キリスト教の愛の教理とそのゆくえ』(2008,『天使とボナヴェントゥラ──ヨーロッパ13世紀の思想劇』(2009.