2017年

1月

24日

さとりと日本人--食・武・和・徳・行

「さとり(証)」から、日本人と日本文化を捉え直す

 

さとりと日本人

食・武・和・徳・行

 

頼住光子

 

224日刊行 四六判・256頁 本体定価 2500

ISBN978-4-906791-66-8 C0015

 

■ 「さとり(証)」ってなんだろう。精進料理と茶の湯、武士の思想と和の精

 神、聖徳太子と千利休、道元、一遍、盤珪……「さとり」の光をもって、日

 本人および日本文化の根を照らし出す。

 

■ 自我への囚われを去って、すべてが互いに関係し合い、はたらき合う世界

 に生きること──無自性 縁起。食物連鎖を離れることも、武士の倫

 理も、聖徳太子の和の思想も、利休の茶の精神も、そして浄土思想も、すべ

 てここにルーツをもっていた。

 

■ 「今ここ」に生きつつ、空 縁起の風光に賭ける。私たちを生かしている

 ものの消息に開かれてありながら、それは狭隘な自我・自民族中心主義とは、

 

 およそ懸け離れてあったものだ。

目次

第一章    食と仏教

第二章    武士の思想と仏教

第三章 和とは何か

   ──「和を以て貴しと為」と「和敬清寂」

第四章   徳という思想

第五章  「修行」から「修養」へ

    ──日本仏教の中世と近世

終 章 共生の根拠

 

       ──仏教・儒教・神道

著者紹介

頼住光子(よりずみ・みつこ)

 

1961, 神奈川県生まれ. 専攻, 日本倫理思想史. 91, 東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了. お茶の水大学大学院教授を経て, 2013年より, 東京大学大学院人文科学研究科教授. 著書, 『道元──自己・時間・世界はどのように成立するのか』(2005年), 『日本の仏教思想──原文で読む仏教入門』(2010年), 『道元の思想──大乗仏教の真髄を読み解く』(2011), 『正法眼蔵入門』(2014)ほか.