てってい的にキルケゴール     その2 私が私であることの深淵に

そうか、いのちを賭けた真実は、言葉の裏側にあるんだ

   ──哲学史に据えられた虚像を超えて

 

てってい的にキルケゴール

    その2 私が私であることの深淵に

 

   

中島義道

 

 

2023225日刊行予定 四六判・並製 256頁ISBN978-4-910154-41-1 C0010 本体2400

 

主著『死にいたる病』と《てってい的に》付き合うこと、それは、青春を呼び出して、そこで生きることだった。死ではなく、永遠にいたる道、逆説でしか語りえないその歩みには、なんとユーモアが寄り添って……キルケゴールの声を聴き、それが発散する音階を聞き取る。読む者自身が、そのトーンと語調で歌ってみること、それは、底知れない逆説に耐えつつ、神と対話する道だった。

 

 

絶望とは精神の階梯、「神」に目を向けた人間の避けて通ることの許されない道程なのだ。無神論やニヒリズムの祖型の一つとされ、実存哲学の源に据えられた思想家像の虚構性を問う。『死にいたる病』のすべての行文に耳を澄ます、中島=キルケゴールの思考のドキュメント。

目次

  その二 目次

第四章 イロニーの精神と反抗

──Cこの病(絶望)の諸形態〕

  一 絶望の階梯

  二 自己のなかの永遠なもの

  三 絶望と地上的なもの

  四 直接性の生態

  五 イロニーの精神

  六 自己についての意識の上昇

  七 閉じ籠もり

  八 自殺と反抗

  九 絶望の弁証法

  一〇 反抗者の内面と外面

著者紹介

中島義道(なかじま・よしみち)

1946年生まれ東京大学法学部卒同大学院人文科学研究科修士課程修了ウィーン大学基礎総合学部修了(哲学博士)電気通信大学教授を経て現在は哲学塾主宰著書に『時間を哲学する──過去はどこへ行ったのか』(講談社現代新書),『哲学の教科書』(講談社学術文庫)『時間論』(ちくま学芸文庫)『死を哲学する』(岩波書店)『過酷なるニーチェ』(河出文庫), 『生き生きした過去──大森荘蔵の時間論その批判的解説』(河出書房新社)『不在の哲学』(ちくま学芸文庫)『時間と死──不在と無のあいだで』(ぷねうま舎), 『明るく死ぬための哲学』(文藝春秋), 『晩年のカント』(講談社), 『てってい的にキルケゴール その一 絶望ってなんだ』(ぷねうま舎)など