2013年

5月

27日

永井 均 『哲学の密かな闘い』

悩み相談から、語りえぬものまで──人生と向き合う、繊細な哲学。

 

永井 均

哲学の密かな闘い

2013312日刊行  B6変型判・380

本体価格2400円 ISBN978-4-906791-12-5

なぜ人を殺してはいけないのか、自殺を思いとどまる理由はあるのか。若い世代の真率な問いと、あの「〈私〉の形而上学」の哲学者が全体重をかけて対決した、21世紀の哲学論集。

 この世界には、隠されている秘密があり、「当たり前の世界像」の根っこをハンマーで打ち砕けば、発見に満ちた現実が立ち現れる。

 子どもたちの疑問に答えることは、「なぜ世界は存在するのか」を精密に考える哲学と同根・同レヴェルだ。哲学することは、闘うこと。

 

目次

0 人生                

  ▶悩みのレッスン                ▶主客再逆転の秘義

  Ⅰ 自己                  ▶主客逆転の問題からの再考

第1章 科学的には解明できない〈私〉の存在     ▶道徳の腹話術

第2章 自己という概念に含まれている矛盾    Ⅲ 存在

  ▶〈私〉と〈今〉              第5章 現実性について

   ▶翔太と由美の修学旅行           第6章 なぜ世界は存在するのか

  Ⅱ 倫理                 ▶過去はどこに行っちゃったの?

第3章 ニヒリズムとしての哲学          ▶神が存在する/しないことの意味

第4章 馬鹿げたことは理にかなっている     Ⅳ 言語

  「なぜ人を殺してはいけないのか」という  第7章 語りえぬものを示す(1)

     問いは哲学的な問いか         第8章 語りえぬものを示す(2)

                         ▶哲学的対決はいかになされるべきか

著者紹介

永井 均

1951年生まれ. 専攻, 哲学・倫理学. 慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位所得. 現在, 日本大学文理学部教授. 著作: 『倫理とは何か──猫のインサイトの挑戦』(産業図書, のちちくま学芸文庫), 『私・今・そして神──開闢の哲学』(講談社現代新書), 『西田幾多郎──〈絶対無〉とは何か』(NHK出版), 『なぜ意識は実在しないのか』(岩波書店), 『ウィトゲンシュタインの誤診──『青色本』を掘り崩す』(ナカニシヤ出版)ほかがある.

書評