2014年

8月

21日

ちいろば園と歩んだ25年──障がい者と「共に生きる」社会を目指して

障がい(児)者の優しさに生かされて

 

高見敏雄

 

ちいろば園と歩んだ25年

  ──障がい者と「共に生きる」社会を目指して

2014925日刊行 四六判・上製 210

本体価格1800円 ISBN978-4-906791-35-4C0037

■ 福祉作業所「ちいろば園」の四半世紀。創設者の一人として、園の      運営に携わる歳月を通して思ったこと、考えたことの記録。障がい者と共に生き、生かされるとは。 

「自分より良い人間としての子供」(大江健三郎)という言葉を指針としつつ、障がい(児)者に教えられ、生かされた日々。その低い眼の位置から、統合教育の実践的な意義を明らかにし、教育とは、福祉とはどうあってはならないかを考える。

■ 障がい児(者)の「優しさを不可能にする」もの、それは利潤追求と競争原理に貫かれた今日の体制だ。上からの福祉政策や、障がい(児)者・弱者を片隅に追いやろうとする権力の独善を告発する。

目次

序 章 ちいろばの歩み

緊急提言 憲法が危ない

第一章 障がい者と共に

第二章 教育の現場から

第三章 戦いと競争の時代に

終 章 いまキリスト者として

著者紹介

高見敏雄(たかみ・としお)

1933, 大阪に生まれる.59, 同志社大学大学院神学研究科修了. 日本キリスト教団浪花教会伝道師,西大和教会牧師, 馬見労祷教会代務者を歴任.2010, 隠退.1964, 愛の園幼稚園設立.67-68, プリンストン神学校卒業, Th.M.取得.80-81, 奈良教育大学臨時教員課程卒業, 養護教員免許取得. 89, 福祉作業所ちいろば園設立. 以来, 理事・評議員として運営に携わる. 90, プリンストン神学校客員研究員(Visiting Scholar). 2014, 馬見労祷教会協力牧師.