2014年

10月

14日

イシュア記

異貌のイエス、福音書に書かれなかったこと

──小川国夫の聖書世界が、ここにその全容をあらわす。

 

小川国夫

 

イシュア記 新約聖書物語

 

201411月21日刊行 四六判 554頁 上製・函入り

本体価格5,600円 ISBN 978-4-906791-39-2 C0093

 

 前著『ヨレハ記 旧約聖書物語』に続いて、作家小川国夫が終生をかけて書き継ぎ、その多くが未刊のままに残された「新約聖書物語」を集成する。

 ここに、独自の福音書の読み込みをもってする、キリスト教文学史に類例のないイエス像が刻み出された。

 イシュア、〈あの人〉、そしてユニア……神の働きが臨み、人間の世界に生まれた三つの渦潮。すべてを受け入れる者、疑いにその心を苛む者、嫉妬に身を焼く者、それぞれの全存在を賭けた闘いが、水晶に彫られたレリーフのように硬質な光沢を放つ。

 宗教は、キリスト教は、なぜ発生し、人をどこへ連れて行こうとするのか。一人の作家に抱かれた問いが、その生涯においてどのように変奏され、湧出と曲折と逸脱の痕跡を残したか。ここにあるのは、人間の条件をめぐる神と人との対話であり、血で書かれた小川国夫の福音書である。

目次

イシュア前記

〈あの人〉

ともに在りし時

なぜ我を棄てたまいしか

その血は我に

 

ユニア

使徒

枯木

葡萄の枝

アポロナスにて

マンドラキ

囚人船

塵に

光と闇 

 

諸書

命の中の死(肉の神学

血と幻

十二族

骨王

 

準イエスをめぐって  小川国夫

解説         勝呂 奏

著者紹介

小川国夫

 

1927, 静岡県生まれ. 200848, 帰天. 旧姓静岡高校時代にカトリックの洗礼を受ける. 1950, 東京大学国文学科入学. 53, パリ大学に留学. この頃, 単車ヴェスパを駆って地中海沿岸を旅する. 56年に帰国し, 留学と放浪の体験から生まれた『アポロンの島』(57年)によって, 文壇に登場する. 小説作品には, 『試みの岸』『或る聖書』『彼の故郷』『悠蔵が残したこと』『悲しみの港』『ハシッシ・ギャング』ほかがある. 91-95, 『小川国夫全集』全一四巻刊行. また没後, 『弱い神』『襲いかかる聖書』(2010年), 『俺たちが十九の時──小川国夫初期作品集』『ヨレハ記 旧約聖書物語』(12)などが刊行されている.