2015年

12月

21日

民衆の神 キリスト──実存論的神学完全版

日本発、独創的な神学思想──民衆宗教としてのキリスト教。

  

民衆の神 キリスト

  ――実存論的神学完全版

 

 野呂芳男

20151218日刊行 A5判・上製400頁 

本体5600ISBN978-4-906791-52-1 C1014

 

    1960年代刊の往年の名著を改訂し、書き下ろしの二つの章を増補した、生

 前の著者自身の構想に基づく完全版。ここにオリジナルな宗教思想の全容が

 姿を現す。

 

    ブルトマン、ティリヒ、カール・バルトらとの批判的対話を通して、神と

 人間との人格的な応答関係を中心とする、独自の愛と決断の神学を築き上げ

 た。絶対的としての排他的な神との関係構築を目指すエリート神学ではなく、

 「究極的な」神への憧れに立つ開かれた宗教へ。

  プラトン、カタリ派、そして仏教に見られる輪廻転生の思想を視野に収め

 

 た、挑戦する神学。

目次

  目 次

 序章 現代の状況と福音の理解      Ⅲ 死と時間     

 Ⅰ 神の存在と働き             第6章 時と永遠

第1章      話し合いの問題と神学的認識論     第7章 死後の命

第2章      啓示と実存            Ⅳ 民衆の中に生きるキリスト教

第3章      パウル・ティリヒの存在論       第8章 万有救済論  

 Ⅱ 実存論的神学の創造           第9章 神と実存

第4章      神学における主観 客観の構造の超克 解説 民衆宗教へ  岩田成就

 

第5章      キリストとしてのイエスの出来事   苦悶とこれから 後序 林 昌子

著者紹介

野呂芳男(のろ・よしお)

 

1925年東京生まれ. 2010, . 専門は組織神学・ウェスレー研究. 1955, 神学博士(Th.D., ユニオン神学校), 70, 文学博士(京都大学). 日本基督教団正教師. 青山大学教授, 立教大学教授を歴任. 2002, キリスト教会ユーカリスティア設立. 著書, 本書の旧版『実存論的神学』(1964, 『神と希望』(80), 『キリスト教と民衆仏教──十字架と蓮華』(91), 『ジョン・ウェスレー』(91), 『キリスト教と開けゆく宇宙』(96)ほか.