2016年

10月

28日

世界を〈放置〉する──ものと場の思考集成

世界を組み替えるモノ派の冒険、〈もの〉づくり半世紀のドキュメント

 

 

世界を〈放置〉する──ものと場の思考集成

 

菅 木志雄

 

 

 

1124日刊行 A5変型判・368頁 本体定価4300円 ISBN978-4-906791-63-7 C1070

 

■ 1960年末、美は額縁はおろか美術館にさえ収まらず、都市景観の中に流出し始めた。その動向=モノ派を主導し、今日に至る作品行為をとおして、現代美術の太い潮流にまで育てあげた作家の、「ものと場」をめぐる思考の集大成。

 

 

■ 〈もの〉は、道具の手前に、商品である以前に、在る。その在り方は、私たちの意識を喚起し、むしろ包み込む場所の消息を伝えている……木に目がなり、石に意識が宿るかのように。四十数年にわたって「つくり」つつ、傍らに吐息のように紡がれた思索、その切っ先は存在論や、禅仏教の見性と切り結ぶ。

目次

  

序 章 はじまりの無限         

    1 無限              

    2 無名性            

    3 界面と縁           

第一章 場所 ものの一歩手前      

    1 樹間の位置        

    2 水に宿る月           

    3 場の現成                

    4 場の論理 アースワークによせて      

    5 場と空 

第二章 界面周航

    1 リアリティへの旅

    2 アクティヴェーション考

    3 周囲考

    4 素材論 周囲に沿って、モノは渡る

    5 内と外の界面 周辺を束ねて、界端を開く

第三章 見えないものを

    1 見えない世界

       2 差異と全体

       3 次元のすき間

終 章 つくる

著者紹介

菅 木志雄(すが・きしお)

1944, 岩手県盛岡市生まれ. 1968, 多摩美術大学絵画科卒業. 在学中の67,11回シェル美術賞展一等賞(第一席)受賞. 69, 『美術手帖』が募集した「芸術評論」に応募し, 佳作入選. この年, 詩人・小説家の富岡多惠子と結婚. 70,5回ジャパン・アートフェスティバル大賞受賞. 8289, 多摩美術大学講師を務める. 94, 静岡県伊東市十足にスタジオを設ける. 99, 映画『存在と殺人』(監督・脚本)を制作(横浜美術館). 2000, 小説『渡海鳴鳥』(講談社)刊行. 201211, Blum & Poeギャラリーにて, アメリカで初めての個展. 2014

11, ヴァンジ彫刻庭園美術館, 20151, 東京都現代美術館にて, それぞれ個展開催