クザーヌス 生きている中世──開かれた世界と閉じた世界

中世を鏡として、現代の世界をトータルに捉え直す

  ──大きな物語の改訂に向けて

 

クザーヌス 生きている中世

    開かれた世界と閉じた世界

 

八巻和彦

 

2017425日刊行 ISBN978-4-906791-68-2 C1010

A5判・上製 510頁 本体予価5600

 

■ 壮大な転換期に違いない現代の世界を、構造的にとらえ、新しい世界のヴィジョンを描くことは可能だろうか。グローバリズムとナショナリズムの台頭、

IT社会と格差社会、大きな物語の崩壊と断片化する知識……。

 15世紀中世、旧世界の破局を目の当たりにしたニコラウス・クザーヌスの格闘を鏡として、今日のさまざまな破綻の様相を照らす。古い神学体系に抗い、近代への転回を促したとされるクザーヌスの思想の秘密はどこにあったのか。

 

 

■ 老子の道とクザーヌスの覚知的無知、西田の絶対矛盾的自己同一とクザーヌスの反対対立の合致──自己相対化を受け入れ、他者に開かれたあり方こそ、クザーヌスの創造性を保証するものであった。現在の世界規模の自閉と暴力とを超えて、平和と共存への新しい物語を紡ぐために。

目次

 序章 中世から現代を読む

     ──グローバリゼーション、アイデンティティ、そして普遍的正義

  I 破局の諸相

第1章    原発破局「フクシマ」の原因を探る

 ──哲学の視点からの一考察

第2章    現代日本におけるアイデンティティの分裂

第3章    日本社会における〈社会崩壊〉と企業活動

第4章    近代的思考様式の限界についての一試論

 ──「科学・技術」との関わりを中心にして

  Ⅱ 他者の衝撃

第1章   『信仰の平和』におけるタタール人像

 ──〈破局〉のただ中での〈他者〉への眼差し

第2章   クザーヌスにおける理性の普遍性と哲学の複数性

 ──『信仰の平和』を中心にして

第3章   〈他者〉の豊饒性

  Ⅲ 語りえぬものへの〈開かれ〉と〈閉ざされ〉

第1章   西田幾多郎におけるクザーヌスとの出会い

第2章   東アジアにおける〈知恵〉概念の伝統とクザーヌスの〈知恵〉概念

 ──〈知恵〉と〈道〉、〈無学者〉と〈愚人〉

第3章   西欧における「開かれた世界、開かれた書物」

  Ⅳ 大きな物語の改訂

第1章   〈文明の衝突〉の時代の宗教的寛容論

第2章 〈文明の衝突〉を超える視点

 

 終章 現代に生きる中世 

著者紹介

八巻和彦(やまき・かずひこ)

 

1947年生まれ。専攻、中世哲学・論理学。現在、早稲田大学教授。中世からルネサンス・近代への転換期を生きた哲学者・神学者クザーヌスの研究を中心として、大きな曲がり角に立つ現代の思想的状況への発言も転回する。著書、『クザーヌスの世界像』2001、『境界に立つクザーヌス』(共編、2002)、『ジャーナリズムの〈いま〉を問う』(共著、2012)、『「今を伝える」ということ』(編著、2015)ほか。