憲法の裏側    明日の日本は……

護憲派の欺瞞、改憲派の虚妄──いま、憲法を考えるとは。

 

井上達夫×香山リカ

 

憲法の裏側  明日の日本は……

 

 

12月25日刊行予定 四六判・216頁 本体1800ISBN978-4-906791-76-7 C0031

 

  憲法をまっとうに考えるための場所を開こう。自由と平和と民主主義のための、戦後的価値の実現に近づくための「改憲」はありうるのか。憲法論議に多角的に光を投げる。

 

香山 憲法九条もその一つですが、理屈を超えた津波のような現象の中で、戦争への傾斜に歯止めをかけようとした、戦後的なるものの象徴が失われつつある。

 

 

井上 戦後的自明性を崩壊させるものに対して対抗しようと思ったら、対抗的価値として自分たちの改正案を打ち立てなければ、自明性を掘り崩す側にやられっぱなしになります。

目次

 プロローグ 戦後的価値はどこへいった?  香山リカ

第1章    戦後的自明性の崩壊

第2章    普遍的な規範とは──正義論講義

第3章    ヘイトスピーチと言論の自由

第4章    ガラス細工の心と社会

第5章    なんのための改憲か

 

 エピローグ 戦略的凍結は腐敗への道    井上達夫

著者紹介

井上達夫(いのうえ・たつお)

原理的なリベラリズムの立場に立って、憲法問題から政局まで、鋭く切り込む。1954年生まれ。専攻、法学。東京大学法学部教授。『他者への自由──公共性の哲学としてのリベラリズム』『普遍の再生』『世界正義論』『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください──井上達夫の法哲学入門』『ザ・議論! 「リベラルVS保守」究極対決』(共著、小林よしのり)ほか。

 

香山リカ(かやま・りか)

 

たくましいリベラルとして、右傾化する政治状況から現代社会の病理まで、メスをふるう行動派知識人。1960年生まれ。精神科医。立教大学現代心理学部教授。『若者の法則』ぷちナショナリズム症候群 若者たちのニッポン主義』『生きてるだけでいいんです。』『弱者はもう救われないのか『「悩み」の正体』リベラルじゃダメですか?』ほか、著書多数。