冥顕の哲学2 いま日本から興す哲学

日本から発信する。脱近代の思想に抗して

 

冥顕の哲学2 いま日本から興す哲学

 

末木文美士

 

 

2019125日刊行予定 本体2800円 四六判336頁 

上製 ISBN978-4-906791-98-9 C0010

 

 【好評既刊『冥顕の哲学1 死者と菩薩の倫理学』姉妹篇】

  人の間の倫理の領域〈顕〉に対して、不可知の霧に包まれた〈冥〉という場所、そこには他者、死者そして神仏が息づく。日本の中世思想に由来する「冥顕」の構造をもって、現代の哲学的・思想的な閉塞状況に立ち向かう。

 

 

  中世以降の日本の伝統思想を踏まえ、近代の西洋との出会いと確執の痕跡を掘り起こして、単なる追随ではなく、また独善にも陥らない新たな思考の可能性を探る。「死の哲学」と「菩薩の倫理学」を、ポスト近代の思想史に位置づけるために。

目次

序 章 伝統思想から哲学へ

  Ⅰ 日本から哲学する

第一章 日本発の哲学││その可能性をめぐって

第二章 批判的思惟の有効性││マルクス主義と日本思想史

第三章 比較思想という視座

第四章 公共性と他者││日本思想の立場から

  Ⅱ 近代日本哲学と仏教││批判的考察

第五章 仏教の非宗教的理解││和辻哲郎

第六章 ファシズム/ニヒリズム/日本││西谷啓治批判序説

第七章 科学/国家/道元││橋田邦彦と『正法眼蔵』

第八章 禅から井筒哲学を考える

第九章 社会性から宗教へ││今村仁司の清沢満之論

  Ⅲ 脱近代に抗して

第十章 国家/宗教/倫理││脱近代の中で

 

終 章 果てしなき螺旋の途上にて

著者紹介

末木文美士(すえき・ふみひこ)

1949年生まれ. 1973, 東京大学文学部印度哲学専修課程卒業、1978同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学. 東京大学文学部・人文社会系研究科教授を経て、国際日本文化研究センター教授]、総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻教授併任。現在, 東京大学, 総合研究大学院大学名誉教授.

 

著書:『解体する言葉と世界──仏教からの挑戦』(岩波書店, 1998, 『「碧巌録」を読む』(岩波書店, 98, 『明治思想家論──近代日本の思想・再考 『近代日本と仏教──近代日本の思想・再考』(トランスビュー, 2004, 『他者/死者/──哲学と宗教のレッスン』(岩波書店, 2007), 『仏典を読む──死から始まる仏教史』(新潮社, 2009), 『哲学の現場──日本で考えるということ』(トランスビュー, 2012), 『草木成仏の思想──安然と日本人の自然観』(サンガ, 2015)ほか多数。