なぜ悲劇は起こり続けるのか

奇っ怪な事件の背後に潜むものとは

 

なぜ悲劇は起こり続けるのか

         共生への道なき道を開く

 

            

        鈴木文治

 

2019925日刊行予定 四六判・並製 256頁 

本体2300円 ISBN978-4-906791- 91-0 C0012   

 

 言葉を失う出来事は、なぜ繰り返し起こるのだろう。動機なき大量殺人、他なるもののいわれなき差別と排除……今日まで築いてきた(と思われる)理想とモラルは、その根から崩れ去ってしまうのか。 

 教育者としてキリスト者として、障がい者・社会的弱者と共に生き、その実践からユニークな工夫と指針を生み出してきた著者が、今あらためて強く訴える。他者を生かそうとすること、ここに人間性は根ざしているのではないのか。

 あらゆる傷を負った人びとを包もうとしたホームレスの母、藤原繁子牧師、この人を見よ。 

目次

序 章 共生社会に向けて

第一章        なぜ悲劇は起き続けるのか

  ──この時代の差別と排除

第二章 キリスト教会と障がい、そして共生

第三章 「地の果て伝道」から「人の果て伝道」へ

       ──福音宣教と社会福祉の相克

第五章  インクルージョンとは何か

第六章 ホームレスの母

 

       ──インクルーシブ教会(共生の教会)への歩み

著者紹介

鈴木文治(すずき・ふみはる)

1948年長野県生まれ. 中央大学法学部法律学科, 立教大学文学部キリスト教学科卒業. 川崎市立中学校, 神奈川県教育委員会, 県立盲学校長, 県立養護学長,

 

田園調布学園大学教授を経て, 現在日本キリスト教団桜本教会牧師. 著書に, 著書に, 『ホームレス障害者』『閉め出さない学校』(日本評論社),『学校は変わる』(青木書店), 『インクルージョンをめざす教育』『排除する学校』(明石書店), 『インクルーシブ神学への道』(新教出版社), 『障害を抱きしめて』(ぷねうま舎)などがある.