ぼくはむくどりのヘンリー

 ぼくは、みんなのための「ぼく」だった

   ー―子どもの心の歩みに耳をすます

     絵本、小学校低・中学年向け。 

 

ぼくは むくどりのヘンリー

 

 

アレクシス・ディーコン 文 

ヴィヴィアン・シュワルツ 絵

青山 南 訳

 

2020625日刊行予定 ISBN978-4-910154- 06-0 C0771 

大型本(248×288) ・上製 40 本体1500円(税別) 

 

  「わたし」のめざめと、「みんなのために」と…… 

  子どものこころの歩みを、音楽のように目で聴く、絵物語。

 

 「あ、ぼくはかんがえている」、チュンチュン、ピーチク、さわがしく暮らしていた、こまどりヘンリーが、ある日、ふと気づきます。「ぼくはヘンリーだ」。うれしさのあまり、「ぼくって、すごい」。

 

 でも、この考えは怪物に食べられて、たちまち粉々に。そうだ、だれかさんの、ごはんになっただけだけだ。でも、ぼくにはしなきゃならないことがある、みんなのために。「みんな」のための「わたし」へ、親指ヘンリーの大冒険。

 

 

 

 子どものコミカルな発想と行動を描いて、日本で評判を呼んだ前作『ぼくたちの いえは どこ?』に続く、イギリスの気鋭の絵本作家、ディーコンとシュワルツのコラボ作品。

カクイチ研究所の絵本

 

土、水、石と風……自然といのちの面白さ、不思議さ、奥深さを伝える絵本のシリーズ、その第4弾です。

 

  既刊、サム・ボウトン 絵と文、青山南となかまたち 訳

 

    『ふつうじゃない庭をつくった男の子』

 

       ダン・ヤッカリーノ 絵と文  青山南なかまたち 訳

 

       『もぐらのモリス』

 

        ジュリー・フォリアーノ 文 クリチャン・ロビンソン 絵

        田中一明 訳

        『空を飛びたくなったら』

     続刊、 シンシア・ライラント 文 ブレンダン・ウェンツェル 絵

        田中一明 訳

        『いのち』