音楽を お月さまに

チェロ弾きのハンク──  ステッド夫妻が贈る、ことばにならない調べ 

 

 

音楽を お月さまに

 

フィリップ・ステッド 文

エリン・ステッド 絵

田中万里 訳

 

2021423日刊行予定 本体1500円 上製40頁ISBN978-4-910154-18-3 C0771

 

 

 

 

 あなたは、なぜチェロを弾くの? だれに聴いてもらいたいの?
 ハリエット(=ハンク)のチェロを聴くために、フクロウがきます。そして、お月さまが空からおっこちて。ハンクは、寒くないようお月さまに帽子をかぶせ、赤いボートで湖に連れだしました。お月さまはいいます、「下の世界には、いろいろな音楽があるから、いいですね」。フクロウとアザラシとクマの助けを借りて、お月さまを空に返したハンクは、チェロに向かいます……透明な音楽が、みんなのこころに立ちのぼって……

 

 

 

『ねむるまえに クマは』『エイモスさんが かぜを ひくと』のステッド夫妻が贈る、語りと絵で紡がれた音楽絵本。音楽ってなんだろう。言葉では近づけないそのエッセンスを──小学校高学年向け。

カクイチ研究所の絵本

生まれたての目で見る、土、水、光、そしていのち…… 《既刊》

 

 サム・ボウトン 絵と文、青山南となかまたち 訳

     『ふつうじゃない庭をつくった男の子』

 ダン・ヤッカリーノ 絵と文 青山南となかまたち

     『もぐらのモリス』

 

 ジュリー・フォリアーノ 文 クリスチャン・ロビンソン 絵 田中一明 訳

     『空を飛びたくなったら』

 アレクシス・デーコン 文 ヴィヴィアン・シュワルツ 絵 青山 南 訳

     『ぼくは むくどりのヘンリー』

 シンシア・ライラント 文 ブレンダン・ウェンツェル 絵 田中一明 訳

           『いのち』

 ティエリー・デデュー 文と絵 田中一明・大野博人 訳

     『雪ダルマは生きている』