死海文書 Ⅲ 聖書釈義

失われ、長く謎に包まれていた文書群の全貌が現れる

 

死海文書 Ⅲ 聖書釈義

        

       全12冊 第7回配本

 

      死海文書翻訳委員会 訳 

 

 

2021年6月25日刊行予定 A5判・上製  296頁 

本体5200円 ISBN978-4--910154-20-6 C1014

 

 

■  聖書釈義=死海に存在した信仰共同体、クムラン教団による独自の旧約聖

  書解釈(注解と釈義)。ユダヤ教諸派、原始キリスト教団のそれとの異同と

  は。迫りくる終末に向けて。

 

▶ 死海のほとりの洞窟から、聖書を照らす新たな光が放たれた。

▶ 文書発見から今日に至るまでの校訂・編集・解読作業を踏まえた、原語ヘブ

  ライ語・アラム語/ギリシア語からの翻訳。

▶ 傍注(見開き、左隅)では、欠損箇所復元の根拠、旧約・新約聖書との関連、

  本文の背景にある歴史的な事柄などに触れる。また、死海文書に特有の語彙

  や考え方などについて解説する。

 

収録文書=創世記注解、イザヤ書ペシェル、ホセア書ペシェル、ハバクク書ペシェル、詩篇ペシェル、フロリレギウム、終末釈義、聖書年代記……

 

 

次回2021年秋、配本予定『Ⅱ 清潔規定・ハラハー・神殿の巻物』。

一覧

共同体規則・終末規定               既刊     

清潔規定・ハラハー・神殿の巻物          次回配本  

聖書釈義                       刊行      

黙示文学              

エノク書・ヨベル書                

聖書の再話1                     既刊      

 

聖書の再話2                     既刊

Ⅷ 詩篇                              既刊

Ⅸ 儀礼文書                           既刊

Ⅹ知恵文書                           既刊

Ⅺ 天文文書・魔術文書

補遺 聖書写本・銅板巻物

死海文書翻訳委員会

松田伊作・月本昭男・勝村弘也・守屋彰夫・上村 静・山我哲雄

阿部 望・武藤慎一・山吉智久・加藤哲平・里内勝己・杉江拓磨・三津間康幸