2014年

4月

14日

幽霊さん

 

「生きよ!」と幽霊さんがつぶやく。物語・大洪水の後に。

 

司 修

幽霊さん

2014年6月6日刊行四六判・半上製 210

本体価格1800円 ISBN978-4-906791-30-9 C0093

■ 大津波とフクシマから生まれた物語。宮澤賢治の震災体験を呼び出し、民俗の記憶に沈む豊饒への祈り、女体からの穀物創成の神話を掘り起こす。命のはじまりの出来事、そこに人の営みの原点があった。

■ 戦後の焼け跡・闇市にうごめく放火魔の快楽、60年代ヒッピーたちに担われた原発立地反対闘争のその後……。いま廃墟から立ち上がること、それは第二の敗戦を生き直すことではなかったか。日本の戦後を貫く、支配と排除の構造を、東北と沖縄・奄美の死者たちの、無念の刃で彫り上げる。

目次

幽霊さん

16歳の死

ガリバーがやって来た日

うらぎり

珊瑚の雪

著者紹介

司 修(つかさ・おさむ)

1936年生まれ. 独学で絵を学び, 絵画創作にとどまらず, 絵本の原画, 書籍の装丁, また小説の執筆にと幅広く活躍する. 78, 『はなのゆびわ』で小学館絵画賞受賞. 小説では, 88, 「バー螺旋のホステス笑子の周辺」で芥川賞候補. 93, 「犬」で川端康成文学賞, 2007, 『ブロンズの地中海』で毎日出版芸術賞, 『本の魔法』で大佛次郎賞受賞. その他, 『戦争と美術』(92, 『賢治の手帳』『イーハトーヴォ幻想』(96,『水墨創世記』(11)などがある.