生命(いのち)の倫理と宗教的霊性

新しい「いのちの宗教哲学」のために。

 

 

生命(いのち)の倫理と宗教的霊性

 

 

海老原晴香・長町裕司・森 裕子

 

2018225日刊行予定 A5判・上製 344 

本体予価6400978-4-906791-78-1 C1012

 

自然環境の破壊が進み、次の世界戦争すら取り沙汰される時代に、「生命の倫理」はその基礎をどこに求めればよいのか。いのちを育む宗教的霊性の息吹をどこに汲めばよいのか。芸術、哲学、宗教の三つの位相にわたってこの問いを探求するべく、七人の著者がスクラムを組んだ。

 

 

モーツァルトの音楽、日本の仏教美術、中世の『創世記』写本にいのちの調べを聴き、アシジのフランシスコ、ノリッジのジュリアン、マイスター・エックハルトらの宗教思想に霊性のあらわれを読み、西田幾多郎、ハンス・ヨナスの哲学に隘路を突破するための戦略を学ぶ。

目次

  序  いま、問われる命から〈いのちの宗教的霊性〉へ   

  Ⅰ 〈いのちの霊性〉の芸術                     

 第一章 霊性の道としての音楽              

 第二章 フランスにおける日本仏教美術研究への概観       

 第三章 中世文学作品における「いのち」の表れ      

   Ⅱ 「命の倫理」をひらく

 第四章 悲哀と表現                

 第五章  アシジのフランシスコとマイスター・エックハルトにおける「貧しさ」 

  第六章   ハンス・ヨナスの倫理学における「乳飲み子」の意義  

   Ⅲ 〈いのちの霊性〉と「いのちの宗教哲学」

   第七章  エックハルトにおけるペルソナ性と非ペルソナ性 

  第八章   神との出会いに養われるいのち            

  第九章 生命(いのち)」の宗教哲学の可能性〈と〉「いのち」の宗教的霊性  

     

著者紹介

編者・海老原晴香(えびはら・はるか) 白百合女子大学専任講師.

    長町裕司(ながまち・ゆうじ) 上智大学文学部哲学科教授. 

    森 裕子(もり・ひろこ) 上智大学神学部神学科准教授.