もぐらのモリス

 

絵本・ぼくはチイサイけど、デッカイことができるんだ

 

   ──小学校低学年から高学年まで、教育現場に!

 

 

 

もぐらのモリス

 

 

 

ダン・ヤッカリーノ絵と文

青山南なかまたち 訳

 

 

 

2020325日刊行 縦長(210×260) 

上製 34頁 本体1500 

ISBN978-4-910154- 03-9 C0771

 

 

 

 土のなかでくらす、もぐらの8人兄弟。しまいっこのモリス。

 

 ある日、「もう、食べるものがない」。さあ、大変! 兄さんたちのがんばりをよそ目に、モリスが思いついたこと、「そうだ、上に掘るんだ」。地上に 出たモリスが見たもの、それは……。あまいにおい、たのしいうた。こんなにもこころがやすまったのも、はじめてでした。そして、おひさまのなかでの大冒険のはじまり。

みずみずしい子どもの目がとらえた生き方の大転換。ぼくはチイサイ、だけどデッカイことができるんだ──わたしたちを生かしているものとはなにか。生きようとする小さな勇気が、どれほど世界を変えるのか。静かに、そしてベースの低音で語りかける絵本。

著者・訳者紹介

 

著者 

ダン・ヤッカリーノ

いま国際的に注目されている絵本作家の最新作。作品数は30を超え、そのうち8作が邦訳されている。子ども向けテレビ・アニメのプロデュースもこなす、ニューヨーク在住のマルチタレント。

 

訳者

 

青山南

 

翻訳家、エッセイスト。アメリカの現代小説の翻訳と紹介をおこなういっぽう、絵本の翻訳を広く手がけている。

カクイチ研究所の絵本

 

  土、水、石と風……自然といのちの面白さ、不思議さ、奥深さを伝える絵本 のシリーズ、その第2弾です。

 

  既刊、サム・ボウトン 絵と文、青山南となかまたち 訳

 

     『ふつうじゃない庭をつくった男の子』

 

 第3弾、ジュリー・フォリアーノ/クリスチャン・ロビンソン

     『もしも空を飛びたいなら』20204月刊行予定

  第4弾、アレクシス・ディーコン/ヴィヴィアン・シュワルツ

     『ヘンリ・フィンチ』20206月刊行予定