東洋哲学序説 井筒俊彦と二重の見

東洋哲学の詩的・象徴的定礎のために──未来哲学双書創刊・第一弾。

 

東洋哲学序説 井筒俊彦と二重の見

 

西平 直

 

 

2月25日刊行予定 四六判・並製 214頁 本体2000ISBN978-4-910154-14-5 C0010

 

 

気づき・さとり・証、それはどういう経験のかたちなのか。井筒俊彦の思考の道を、その内側から精密にトレースする宗教的経験の現象学。意識と本質、言語と経験……このはざまにひろがる豊饒にして逆説に満ちた思索の場を歩み、イスラーム、ロシア、そして禅モデルと密教モデルなど、多元的な様相を具える宗教言語の詩的可能性を拓こうとする。

 

 

姉妹編『東洋哲学序説 西田幾多郎と双面性』近刊。

目次

井筒哲学を読む

  I「二重の見」の原風景

第一章 「二重の見」とは何か──禅師の三段階モデル

第二章 「分節と無分節の同時現成」とは何か──認識、存在、そして、言葉

第三章 道元「水、水を見る」──『正法眼蔵』と「二重の見」

第四章 「二重の見」──東洋哲学の基本構造

  II深層のコトバ──意識構造モデル・意味分節理論・意味論分析

第五章 「二重の見」と「構造モデル」

第六章 コトバの本源的な働き──禅モデルと密教モデル

第七章 意味分節理論──「気づく」ということ

 

第八章 意味論分析──『意識と本質』に先立つ英文著作の方法 

著者紹介

西平 直(にしひら・ただし)

1957年生まれ. 専攻, 哲学、宗教心理学、教育学. 京都大学教育学研究科教授.

 

著書,『エリクソンの人間学』(1993), 『魂のライフサイクル──ユング・ウィルバー・シュタイナー』(97), 『世阿弥の稽古哲学』(2009, 以上, 東京大学出版会), 『無心のダイナミズム──「しなやかさ」の系譜』(岩波現代全書, 2014, 『誕生のインファンティア』(みすず書房, 15, 『稽古の思想』『修養の思想』(春秋社, 19, 20)ほか.